ロゴモバイル
検索: 
ロゴ小
シリコーン工業会

建設

建設分野に出荷されているシリコーン製品の総量は世界で年間673,000トンと推定され、あらゆる産業の中で最大の出荷量となっています。

建設業界に革新をもたらすシリコーン

建設用途として1960年代に初めて使用されるようになって以来、シリコーンは建設業界に革新をもたらしてきました。世界の建設市場は2016年に8兆8000億ドルを記録し、2030年までに17兆5000億ドル規模まで成長すると見込まれています。

建設業界で使用されるシリコーン製品には、シーリング材、接着剤、保護コーティング剤などがあります。これらのシリコーン製品が持つユニークな特性は、住宅やオフィスビルだけでなく、橋、石油掘削装置、工業プラントやパイプラインに不可欠なものとなっています。とりわけ、高層ビルやガラスファサードの構造接着やシーリングのために最適なソリューションとして、シリコーンは現代建築プロジェクトの実現に貢献しています。

シリコーンのユニークな性質

建築物の保護、強化、保存、外観の美しさや革新的な機能の観点から、多くの建設会社がシリコーン特有の性質を求めています。

シリコーンは以下の特性により建設業界で広く使われています。

  • コンクリート、ガラス、花崗岩、大理石、アルミニウム、スチール、プラスチックなどの素材との結合
  • 悪天候、湿気、または日照による腐食に対する耐久性向上
  • 目地やひび割れからの湿気や冷気の侵入を防ぐことによる建物のエネルギー効率向上
  • 建物に柔軟性を持たせることによる一定の耐震性向上

多くの用途に不可欠な素材

シリコーンコーティング剤は、大気の汚染や雨風、日照にさらされた世界中のモニュメントの保護にも使用されています。ファサードやコーニス、さらには古代彫刻やガーゴイルまで、建築の細部を作成、修復、復元、保護するためにも使われています。さらに身近なところでは、住宅の簡単なDIY作業でもシリコーンが重要な役割を果たします。

建設資材に使用されるシリコーンは、以下のような分野でサステナビリティとエネルギー効率向上に貢献しています。

  • シリコーンシーラントは有機系シーラントよりも3倍長寿命
  • 未処理のファサードにシリコーン樹脂エマルジョン塗料を塗布することで、熱損失を最大40%削減
  • 建築材料をシリコーン添加剤やコーティング剤で処理することにより、建築材料への水吸収を最大80%減少させ、建材の劣化抑制や長寿命化を実現

シリコーンのベネフィットと用途
パーソナルケア用品及び
一般消費者向け製品
エレクトロニクス
エネルギー
ヘルスケア
運輸
Copyright © SIAJ, All Rights Reserved.